旅の知恵と情報トルコ

トルコのトラブゾンからカッパドキアへバス14時間移動、ギョレメATMとSIM情報(2023.11.26~27)

旅の知恵と情報
スポンサーリンク

1トルコ・リラ≒5.1円

トラブゾン→ギョレメ、深夜バス14時間の移動

トラブゾンのバスターミナルからカッパドキアの気球で有名なギョレメに移動します。

17時出発のKAMIL KOC社のバスに乗り込みます。ここが始発のようでガラガラ。なので2人席を独り占めできました。

トルコのバスでは毎回このようなお菓子やジュースが数時間置きに出てきます。トイレに行きたくなるので止めて欲しいんですが😇無料なのでついついい頂いてしまいます。

1時間おきくらいにバス停かレストランに停まります。お陰でトイレには困りませんがどこも有料なので行きたい時だけ行くことにします。
あのたこ焼きみたいな看板は何でしょうか。

このパンだったんですね、まるでbigたこ焼き。

夜23時に「休憩でここに45分停車する。」と言われました。運転手はトルコ語しか話してくれないので前に座っていた中国人カップルが訳してくれました。
食堂で並んでいるビュッフェ形式の料理がどれもすごく美味しそうです。まだファーストフードの「ギトギトチキン」しか食べてないので、トルコの美味しい料理とやらを食べてみることにします。

食堂のおっちゃんが料理をいくつか試食させてくれます。ジョージアにはないサービス精神。
とても美味しかった肉と野菜の炒め物と何かよくわからないカレー風味のスープを頼みました。(ひよこ豆のスープとギュヴェチ)
このセットで150TL(880円)。この時は高いっと思ったのですが、この後行く観光地のギョレメではこの金額ではピザパンしか頼めないことにこの時はまだ気づいていません。

14時間の深夜バスは、最初の7時間は空いていて2席の席で横になって寝ていたので楽でしたが、その後は満席になってしまい座って寝ることになりました。まぁしかし半分は寝れたのでそれほどしんどくもなく早朝を迎え、ギョレメに近づいてきました。そして雪が積もってます、寒い寒すぎる。

ギョレメ到着

早朝7時半。14時間以上かけてギョレメのバスターミナルに到着です。本当に町の中心です。

バスターミナル向かいにATMがずらっと並んだコーナーがあります。
どれも引き出し手数料が請求されるのですが、Ziraat BankがDCC手数料を拒否できるとネットで見たので、そこで下ろせるMAXの2000TLを下ろします。トイレに行きまくって10TLしか残っていなかったので助かりました。

トルコのお札はおもちゃのお金みたいな質感です。簡単に偽装できてしまいそうな・・・
インフレが激しいのに最大で200TLなんですね。財布がめちゃめちゃ重いです。

予約しているホテルに行ったら受付には誰もいなく、WhatAPPで連絡したら「地下に荷物を置いとけ。」と返事が来たので荷物を置いて顔を洗い歯を磨いて食事に出かけます。
この2階のガラス張りのレストランです、寒い。

このチキンサラダとチャイで200TL、1000円越えの観光地価格です。つい半年前のネットの記事からはすごく値上がりしており、1年以上前の記事だったらもう桁が違いすぎて訳が分からないことになります。トルコはインフレがものすごいスピードで進んでいるようです。

カッパドキアの岩窟群を散歩

観光に出かけてみます。GoogleMapを見て中心地から展望台の方へ10分程歩くと展望場がありますが、入ろうとすると左の岩からおっちゃんが出てきて、がめつく入場料10TLを取られます😇

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群はユネスコ世界遺産。
アナトリア高原の火山活動によって数百万年にわたる風と水による天然の風化・浸食作用によって形成されました類まれな奇岩群の中に、太古の昔から人々が住んでいたそうです。

ローマ時代や中世には、キリスト教がイスラム教の迫害から逃れるために作った教会や住居、修道院が多数残されています。「ギョレメ(Göreme)」とは、“見えない・見てはいけない”を意味する言葉だそうです。ギョロ目みたいな言葉なのに。

岩の中をくり抜いた住居がたくさんあります。洞窟住居、聞いただけでわくわくします。こんなところに住んでいたんですね。

冬は寒かったのではないでしょうか。私も今激寒なので。

寒いので降りましょうか。明日、この中を気球で飛べるかと思うととても嬉しいです。

下に降りてきたとたんに晴れてきました( ;∀;)もう。

カッパドキアのSIMカードと気球の値段を調査

町の中心にぎゅっと全てが凝縮したような小さな町です。
1軒だけSIMカード屋があり、値段を聞いたら最安値で1200TL、6100円です。こんな高いSIMカードはこれまで何ヶ国も渡り歩いてきて聞いたことがありません。高過ぎて買えないのでeSIMと楽天SIMで乗り切ることにします。

ホテルのオーナーからは食事中に「今すぐ明日の気球ツアーを申し込むなら一人90€でどうだ。」とメッセージがきていました。チェックインはさせてくれないのにゲンキンな奴です。オーナーのBooking.comの口コミはいいのですが、GoogleMapの口コミだとめちゃくちゃ悪いんですよね。
「どうかこの悪魔の館に近づかないでください!」とかあるので。

しかし半年前のネットの記事だと「200€越え」と見たのでこれは破格です。しかも明日の天気は晴れ。曇りの日だとキャンセルになり、次の日に予約が殺到するので曇りが続けば続く程、値上がりするシステムのようです。

旅行会社はいくつもあるので2軒聞いてみました。1軒は105€ユーロ、もう1件は100€でした。
旅行会社の人に「90€は安すぎるからギョレメでなく別の場所で飛ぶんじゃないか、別の場所だと気球が少なく綺麗じゃないよ、よく聞いてみて。」と言われたのでオーナーに飛ぶ場所を確認です。「In Gyoreme」とだけ返事が来たので、少し不安ながらも申し込むことにしました。申し込むと即「もうチェックイン出来るよ。」と返事が来ました。本当にゲンキンな奴です。

My Home Cappadocia House(ホテル)

10時半、チェックインしにホテルへ向かいます。中心地から15分ほど歩いたホテルを取りました。
カッパドキアは有名な観光地のためレストランもホテルもすごく高いです。1番安い評価最低のドミトリーで一人13€なので、同行のおがちゃんとシングルシェアした方が安いという話になり、2人で4人部屋23€を予約しました。

2人部屋はダブルベッドばかりだったので、この4人部屋。凄く広くて快適です。もうドミには戻れないかも・・・
おがちゃんは男性ですが、寡黙なイケメン。Youtuberでもないのに部屋の中でずっと旅の動画編集をしていてほとんど観光に出掛けません。そして全く話し掛けてこないので(笑)同室でも気が楽です。

昼以降も曇ってきたので明日の晴れの時に観光することにして、今日は14時間のバス移動で疲れたので部屋でゆっくりすることにします。とても寒くて歩ける気温ではないですし。

夜だけスーパーに晩御飯を買いに出かけました。

レストランが高過ぎるので、このカップヌードルとビールで今夜は切り抜けます。
靴下は150円と激安でショックです、ジョージアで900円で購入したので。ジョージアではそんな金額で購入する気は毛頭なく「3足買うと3つ目は50%オフ」と書かれたジョージア語が50%しか読めずに後でレシートを見て罠にハマっただけです。
トルコのインフレが凄いと聞いていたのでジョージア最終日に、歯磨き粉とコンディショナーを買ったのですが両方とも半額以下で売られていました。日用品はトルコの方が圧倒的に安いんですね。おがちゃんも同じことを思っていたようで、ジョージア最終日に同じものを購入していました、どんくさい2人組です。

明日の気球ツアーはどうなるんでしょうか。悪魔の館のオーナーが手配したツアーですから。
おやすみなさい。

コメント

  1. みきぷちゃんのイラン旅が楽しみな(⁠ᵔ⁠ᴥ⁠ᵔ⁠) より:

    もう雪なのですね~
    私は夏に行ったので地中海側が40度超えでした(⁠+⁠_⁠+⁠)
    そして、なんでもお高くなっているのですね!
    地球の歩き方にでてる宿、予約いらずで1500円以下でこぎれいなシングルに泊まれた時代が懐かしい…
    寒いけど、中東良き旅になりますように!

    • mikipu mikipu より:

      (⁠ᵔ⁠ᴥ⁠ᵔ⁠)さん
      夏はそんな気温になるのですかーーー?!
      今はもう雪で想像がつきません。夏のカッパドキアも過酷そうですね。
      昔はそんな金額でドミに泊れていたのですね。羨ましい限りです。
      まだトルコの途中ですが、カッパドキアだけすっごく寒かったです。ありがとうございます。